葬想

この1本で「顧客・故人管理」「見積書」「葬儀請求書」「回忌表」「日程表印刷」「iPadで見せる」を網羅。

すでにご使用中のソフトからの保存データも・・・。

ソフトにかかる年間保守費用・管理料金不要です。

新機能

「書家の筆」のレイアウトへ、印刷データ差し込み
葬想から書家の筆へ差し込み
1度の葬儀で使用する、様々な印刷・掲示物の印刷内容は同じ情報が入ることが多く、何度も同じ文字を繰り返し入力作業を行います。

そこで、葬儀管理ソフトへ一度入力すれば、印刷レイアウトへ差し込みできる機能を追加。

入力ミスの軽減や、情報変更による入力時間の省略にも役立ちます。

差し込みデータは、名前・住所・電話番号・日付・時間・場所・・・
喪主名、故人名、通夜日付、葬儀日付などは、何度も印刷レイアウトで使用されるので、筆耕ソフトで違うレイアウトを印刷するたびに繰り返し同じ内容を入力していきます。

少しでも負担軽減のため、葬儀管理ソフト側よりボタン1つでデータを取り出し、書家の筆へ紐づけし、差し込みます。

データ差し込み対応は、SF-600からSF-800まで対応
差し込みイメージ
筆耕ソフト「書家の筆」は、現行バージョンは「SF-800」ですが、以前ご購入の「SF-600」・「SF-700」でもデータ差し込み機能対応可能です。
差し込むデータは、USBメモリなどで移動も可能
商品登録画面
葬儀管理ソフトと筆耕ソフトが別のPCにインストールされていても、差し込むデータはファイルとしてUSBメモリやホームグループの共有フォルダなどで移動することができます。

葬儀管理ソフトは事務所で、筆耕ソフトは会館で使用しているという時などに便利です。